History沿革

沿革

1969年5月 新全総(新全国総合開発計画)に位置付け
1971年3月 旧会社(むつ小川原開発(株))設立
1972年6月 青森県が「第1次基本計画」策定 → 同年9月 閣議了解
1975年12月 青森県が「第2次基本計画」策定 → 77年8月 閣議了解
1979年10月 国家石油備蓄基地の立地決定
1985年4月 原子燃料サイクル施設の立地決定
青森県が「第2次基本計画」修正 → 同年同月 閣議了解
1999年12月 「むつ小川原開発プロジェクトの取扱いについて」閣議了解
2000年8月 新会社(新むつ小川原(株))設立
2001年7月 旧会社の特別清算手続終了
2002年5月 閣議了解により国際熱核融合実験炉(ITER)国内候補地決定
2005年6月 6極閣僚級会議でITERサイト地がフランスに決定。日本は準ホスト国の位置付け
10月 青森県が文部科学省に対しITER関連施設(ブローダーアプローチ:BA)の受入要請を受諾
2006年11月 弥栄平D地区(ITER誘致予定地)がITER関連施設の建設地に決定
2007年2月 日欧でブローダーアプローチ協定案に署名
5月 青森県が「新むつ小川原開発基本計画」策定 → 同年6月 閣議了解
2010年3月 国際核融合エネルギ-研究センタ-完成
国際教育研修センター(インターナショナルスクール)完成
2013年9月 大規模太陽光発電施設(エネワンソーラーパーク六ヶ所村)運転開始
2015年10月 大規模太陽光発電施設(ユーラス六ヶ所ソーラーパーク)運転開始
2016年1月 青い森クラウドベース(株)データセンター運用を開始
2017年2月 大規模太陽光発電施設(上北六ヶ所太陽光発電所)運転開始
2017年10月 青森県量子科学センター開設