MESSAGE社長挨拶

新むつ小川原株式会社 社長 薄井充裕 新むつ小川原株式会社 社長 薄井充裕

社長挨拶

新むつ小川原株式会社は、「新むつ小川原開発基本計画」に基づき、全体計画面積5,180ha、開発用地約3,290haを有する開発地区において、土地の一体的保有・造成・分譲を担う第三セクターです。

当開発は、1972年に国家的プロジェクトとして始動しましたが、その後の経済情勢の変化により経営の抜本的な見直しが行われ、旧会社を清算し、2000年8月に当社は再スタートを切りました。現在は、国土交通省・青森県・六ヶ所村・日本政策投資銀行・日本経済団体連合会との六者連携体制のもとで業務を行っています。

これまでの関係各位のご支援もあり、立地企業は約100社、分譲面積約1,200ha、賃貸面積約400haの実績を上げております。多様なエネルギー関連プロジェクト(国家石油備蓄基地、原子燃料サイクル施設、風力、太陽光など再生エネルギー発電プラント)や研究施設(核融合関連施設、環境科学技術研究所、量子科学センター)などに加え、液晶・有機EL関連工場、花卉工場、大規模データセンターなど民間企業の進出も進んでいます。特に、エネルギー関連では国内唯一、世界でも有数な集積拠点となっております。

むつ小川原開発地区は、大規模産業立地スペースとして我が国に残された貴重な財産です。今後とも科学技術とエネルギー、さらには先端的産業拠点となるよう、一層の努力を重ねていきたいと思っております。

まずはどうぞ、当地区にお越しいただき、新たな可能性をご覧いただければ幸いです。

新むつ小川原株式会社 社長
新むつ小川原株式会社 社長 薄井充裕

会社情報一覧へ